三省堂印刷 会社概要 書体・設備 社員とその募集 印刷の常識
本ができるまで 歴史 交流 今月のニュース
あらゆる書籍の幅広いニーズ。価値ある豊かな商品を追求し続けます。
コンサイスの三省堂の自家工場として培ってきた歴史は、読み易く使い易い“書籍作り”に脈々と受け継がれています。

多くの先達が積み上げてきた1世紀をも超える一貫作業の伝統は、高度な精密文字組版・鮮明な印刷技術・堅牢な製本・国産インディア紙の開発などとして実を結びました。

紙の薄さに挑戦するような超薄紙印刷技術、コンパクトな紙面と縮小された文字の可読性を追求したシャープネス製版、辞書類に求められる堅牢で使いやすい製本技術。

それらは、新たなコンピュータシステムにも受け継がれ、三省堂の「大辞林」を初め、各種の辞書・事典・世界の経典など完成度の高い作品として評価を受けています。また、ニーズの広がりにともない教科書・参考書を代表とする学習書、各種学術研究レポートやコミックなど様々な“書籍作り”のノウハウを“かたち”にし、顧客に誇りと満足を感じていただくよう努め、常に可能性を追求し続けていきます。

主な製品 (2002.8 現在)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

製品紹介(カタログデータ)

トップページに戻る